Die Kameliendame 椿姫

ハンブルクに住んでいた1年間、ピアノとドイツ語勉強に打ち込んでいた私ですが、息抜きは学校の前にあるハンブルク国立歌劇場に通うことでした。
4ユーロの立ち見席券を買って1番最上階から転げ落ちそうになりながらたくさんのオペラやバレエを観ました。
その中でも今でも心に残っている素晴らしかった演目はハンブルクバレエの作品。
くるみわり人形、ロミオとジュリエット、ミヒェル教会の特設ステージで観たマタイ受難曲。。。
本当に心から感動して素晴らしいひとときを過ごすことができた時間でした。

b0207922_862113.jpgその中でもとっても素晴らしかったのはデュマ・フィス原作の椿姫。
ドイツ語ではDie Kameliendameと言います。
ヴェルディのオペラとはまた違い、よりデュマ・フィスの原作に忠実にお話が作られています。
原作にも深くかかわっているマノンも登場し、とても興味深い演出になっています。

そして何よりも素晴らしいのが!!!
音楽がショパン
ピアノ協奏曲第2番やバラード第1番、それにワルツや前奏曲。。。
生演奏でピアノのコンサートを楽しみながら美しいバレエも観ることができる本当に素晴らしい作品です。

b0207922_875291.jpg先日TVでノイマイヤー演出、パリオペラ座バレエの同じ作品を観ました。
ハンブルクで観た感動が甦ってきちゃいました(^^♪
バレエ作品は観客の私たちは踊りに夢中になってしまいますが、この作品はバレエダンサーの方々はしっかりと演技をされているので、無声演劇を観ているかのようです。
フランスが舞台の椿姫。
同じくフランスで活躍したショパンの音楽を使うことで、よりロマンティックな作品に仕上がっています。

小説もオペラもバレエも全て私の大好きな作品です(^^♪

小説☆デュマ・フィス「椿姫」
オペラ★ヴェルディ La Traviata
[PR]
by myrten-ami | 2011-05-17 08:11 | Ballet☆バレエ