ヴェルディ La Traviata

ヴェルディのオペラ、La Traviataの主人公ヴィオレエッタ・ヴァレリーによってこのオペラの成功は左右されるのではないでしょうか。。。
オペラのソプラノ歌手の役柄には病気がちなはかなげな女性像が多いと思いますが、ヴィオレッタはもちろんその代表者。
肺の病気をかかえながら人生を享受しようとする破滅的な一面、アルマンとの純愛に生きる可憐な姿・・・そしてまだ20代前半にしていろいろなことを経験している大人の女性。。。
歌唱力と美しさも必要とされるこの役はきっと歌手の皆さんの憧れなんだろうな~と勝手に想像しています(笑)

b0207922_8105785.jpgヴィオレッタ歌いとしてはもちろんマリア・カラス!
残念ながらCDしか聴いたことはないですが、彼女の2幕のアルマンの父との2重唱は涙が出そうになります。

b0207922_8123394.jpg先日ミラノスカラ座の公演、アンジェラ・ゲオルギュー主演のLa Traviataを観ました。
ゲオルギューは現代のヴィオレッタ代表になってきているな~と思いました。
美貌はさながら演技力のある彼女は音楽だけではなく演劇としても楽しませてくれます。

このオペラは乾杯の歌がとても有名で、結婚式の定番になっていますが(笑)その他、それぞれの心情を歌いあげる重唱もとても魅力的です。
私はこのオペラが大好きでもう何度も観ていますが、自分がどんな風に恋人を愛するべきなのか・・・ってことを考えさせてくれるお話です。
どんな楽器を演奏する時も「うたう」ということが大切ですが、オペラでは様々な感情を音楽に込めて歌手の皆さんは歌っているのでとても参考になりますよ♪
これからもいろいろなオペラを観てピアノの音色を探していきたいと思います(^^♪

小説☆デュマ・フィス「椿姫」
バレエ★Die Kameliendame
[PR]
by myrten-ami | 2011-05-13 08:16 | Oper☆オペラ