Brahms: O wusst' ich doch den Weg

O wuesst' ich doch den Weg

5月のドイツリート研究のレッスンで取り上げた2曲目もブラームス。
今回初めて知った 郷愁 / 帰り道がわかるなら です。

b0207922_17392858.jpg


























歌詞を深く読み込む前に帰り道とはどこに帰る道のことなのかな?と思いを巡らせました。

O wuesst' ich doch den Weg zurueck,
den lieben Weg zum Kinderland!


ただ母の愛に優しく包まれ、悩み苦しむことを知らなかった子供時代への帰り道。

娘2人の母親になり、まだ2歳の長女が次女の誕生により小さな苦しみを味わっている姿を見ると、ただただ愛情に包まれて、悩みがないのは赤ちゃんの時だけなのかなと思ってみたり(笑)

私にとって今までの人生で大きな悩みもなく朗らかに毎日を過ごしていたのは中学・高校時代。
素敵な友人にも恵まれ、いつも笑っていました。
そんな毎日を過ごさせてくれたのも両親のおかげ。

私の子供たちは大人になり、いつを懐かしく思うんだろう。
幸せな子供時代だったと思い返してくれるように、母として責任重大だなーなんて感じながらこの曲を弾いています。

そして子供たちにただただ愛を注ぎ過ごす母としての時間もかけがえのないもの。
私もまたおばあちゃんになったら今のこの瞬間を懐かしく思うのでしょうか。

皆さんが帰りたい時間、場所はどこですか?

詩と音楽を通してさまざまな想いを巡らすことができるのも、ドイツリートの魅力ですね!
しっとりとしたブラームスの1曲でした。

ピアノ伴奏付きのドイツリート研究レッスンでより深くドイツリートをお勉強しませんか?
お気軽にお問い合わせください♫

[PR]
# by myrten-ami | 2017-06-11 17:41

Brahms: Die Mainacht

Die Mainacht

ドイツリート研究5月のレッスンでは、今月にぴったりなブラームスの Die Mainacht 5月の夜を取り上げました。

ドイツの5月と言えば、長い冬が終わり春が訪れる目覚めのとき。
曲は変ホ長調でそんな静かに穏やかに春が始まる様子を表現しています。

春を謳いあげる幸せな曲ではなく、全てを暗闇に包んでしまう夜と組み合わせ、転調を繰り返しながら詩人の揺れ動く心情を表現しているのがこの曲の特徴でしょうか。
ピアノ伴奏もブラームスらしいダイナミックなところもあり、とても美しいです。

いつかは自分も理想の恋人に出会えるのだろうか?

詩人の気持ちは絶望ではなく期待に包まれているからか、曲はまた変ホ長調で静かに終わります。

durch die Seele mir strahlt, find ich auf Erden dich?
いつ僕は君を地上に見出すだろう?

好きな人のことを考えているのではなく、これから出会う人のことを考えている。
この曲の1番大切なことだと思います。

昼だけど・・・

b0207922_14021080.jpg


























日本の5月も新緑に包まれて気持ちがいいですよね!
先日お散歩中に木陰で読書をしている方を見かけました。
素敵な時間の過ごし方だなー。

ピアノ伴奏付きのドイツリート研究レッスンでより深くドイツリートをお勉強しませんか?
お気軽にお問い合わせください♫

[PR]
# by myrten-ami | 2017-05-30 14:11 | Brahms⭐︎ブラームス

Auch kleine Dinge können uns entzücken
小さくてもうっとりさせられるものはある
〈イタリア歌曲集より〉

ヴォルフのイタリア歌曲集はCDを持っているけれど、あんまり聴いたことがなかったし、演奏したこともありませんでした。
なので!私にとっては初☆イタリア歌曲集となりました♬

女性が歌う曲なだけあって、歌詞の内容はとってもかわいい!
それにピアノ伴奏も素敵で、すっかり気に入った私です♡

小さいからと言って価値がないとは限らない!
どんなに小さなものでも高価で、魅了されるものはあるという歌詞の内容。
例としては、パールやオリーブの実、そしてバラを挙げています。
私もどれも大好きかも(笑)

それぞれの魅力について語っているドイツ語も素敵☆

wie gern wir uns mit Perlen schmücken
私たちがどんなにパールでオシャレをするのが好きか

wie klein ist die Olivenfrucht und wird um ihre Güte doch gesucht
どんなにオリーブの実が小さく、また品質の良さを求めて探されているか

Denkt an die Rose nur, wie klein sie ist und dufte doch so lieblich
バラがどんなに小さいか、そしてとっても愛らしく香るかを考えてみて

最後の台詞も何ともオシャレだと思いませんか?

wie ihr wißt
ご存知のようにね

女性だからこそ小さなものにときめく気持ちを理解し、オシャレに歌えるのかもしれませんね♬
小さな幸せを大切にできる人は輝いていると思います!

私の大好きなコンビネーションアクセサリー☆

b0207922_23221055.jpg

リバティのフェリシテ+コットンパール+ガラスローズ
ハンドメイドアクセサリーで幸せ気分にひたりながらピアノを弾くのって最高だな♬

かわいらしい素敵な曲に出会えてとっても嬉しいです♡

c0321964_11222476.gif★ minneさん ★
amikas Atelier ☆
ママとベビー&キッズのためのお揃いアクセサリーもたくさんご用意していますので、ぜひギャラリーをご覧になってくださいね♬


c0321964_11252949.gifピアノ教室 Musikträume
☆2016年5月28日☆京都アスニー
絵本とピアノ+ドイツ語リトミックのベビーサークル始めます♬
詳しくはHPをご覧になってくださいね!

[PR]
# by myrten-ami | 2016-04-26 17:45 | Wolf☆ヴォルフ

ヘンゼルとグレーテル

子供と一緒に楽しめるオペラ!・・・と言えば、フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」がオススメです(*^_^*)
グリム童話の中でもお菓子の家が登場する有名なお話なので、1度はお菓子の家を食べてみたい~♪って憧れた人も多いのではないでしょうか。
子供を食べちゃう魔女は別として。。。(笑)
音楽もドイツの子供なら誰でも知っているという童謡のメロディーもあり、ドイツではクリスマスシーズンの定番レパートリーになっています。

主役のヘンゼルとグレーテルは子供。
子供の目線で演技をしなくてはいけませんが、みんな1度は子供だったこともあるので(笑)演技をしていて楽しいんではないかな~とオペラを観ながらいつも思います。

b0207922_852295.jpg私のオススメ公演はメトロポリタンオペラ!
演出がとってもかわいいんです♪
音楽はもちろんビジュアル的にも楽しめる作品ですよ(*^_^*)
実際にお菓子を食べたりするシーンは、顔中にクリームをつけながらむしゃむしゃ食べるので、大人になった今ではなかなかできないことだったりして・・・憧れちゃう私です(笑)

b0207922_853964.jpgさて、オペラではなくてピアノでも「ヘンゼルとグレーテル」を楽しみたい♪という方々に是非おすすめしたいのが、連弾のこちらの楽譜♪お話を読みながらピアノを弾きながら楽しめるので、私もまたいつか発表会で生徒さんたちと上演したいなって思っています。

フランスでは子供と初めて観るオペラは「カルメン」と聞いてびっくりしてしまった私ですが・・・(笑)私は「ヘンゼルとグレーテル」派☆
お菓子の家も一緒に作るのもいいかもしれないですね(^_-)-☆

6月26日にピアノデュオKirscheは伊丹市北部学習センターで絵本とピアノのコンサート「遊びに行こう、お菓子の森へ」に出演します♪
もちろんこの「ヘンゼルとグレーテル」を演奏します(*^_^*)
ぜひ興味のある方はコンサートにお越しくださいね♪
美味しいお菓子のピアノ演奏をお楽しみください^m^
[PR]
# by myrten-ami | 2011-05-29 08:55 | Oper☆オペラ

Die Kameliendame 椿姫

ハンブルクに住んでいた1年間、ピアノとドイツ語勉強に打ち込んでいた私ですが、息抜きは学校の前にあるハンブルク国立歌劇場に通うことでした。
4ユーロの立ち見席券を買って1番最上階から転げ落ちそうになりながらたくさんのオペラやバレエを観ました。
その中でも今でも心に残っている素晴らしかった演目はハンブルクバレエの作品。
くるみわり人形、ロミオとジュリエット、ミヒェル教会の特設ステージで観たマタイ受難曲。。。
本当に心から感動して素晴らしいひとときを過ごすことができた時間でした。

b0207922_862113.jpgその中でもとっても素晴らしかったのはデュマ・フィス原作の椿姫。
ドイツ語ではDie Kameliendameと言います。
ヴェルディのオペラとはまた違い、よりデュマ・フィスの原作に忠実にお話が作られています。
原作にも深くかかわっているマノンも登場し、とても興味深い演出になっています。

そして何よりも素晴らしいのが!!!
音楽がショパン
ピアノ協奏曲第2番やバラード第1番、それにワルツや前奏曲。。。
生演奏でピアノのコンサートを楽しみながら美しいバレエも観ることができる本当に素晴らしい作品です。

b0207922_875291.jpg先日TVでノイマイヤー演出、パリオペラ座バレエの同じ作品を観ました。
ハンブルクで観た感動が甦ってきちゃいました(^^♪
バレエ作品は観客の私たちは踊りに夢中になってしまいますが、この作品はバレエダンサーの方々はしっかりと演技をされているので、無声演劇を観ているかのようです。
フランスが舞台の椿姫。
同じくフランスで活躍したショパンの音楽を使うことで、よりロマンティックな作品に仕上がっています。

小説もオペラもバレエも全て私の大好きな作品です(^^♪

小説☆デュマ・フィス「椿姫」
オペラ★ヴェルディ La Traviata
[PR]
# by myrten-ami | 2011-05-17 08:11 | Ballet☆バレエ